バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

腫瘍細胞調製物によってinvitroでナチュラルキラー細胞を活性化させるための方法

2017年05月03日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: ユーシーエル ビジネス ピーエルシー
発明者: マーク ダブリュー. ローデル

出願 2012-224042 (2012/10/09) 公開 2013-009686 (2013/01/17)

【要約】【課題】「NK抵抗性」の腫瘍に対して有効であるが、正常な造血細胞に害を与えない、癌に対する代替的免疫療法を提供する。【解決手段】第1の態様では、本発明は、NK細胞を活性化腫瘍細胞調製物(ATCP)とin vitroで接触させる工程を含む、NK細胞を活性化する方法を提供する。第2の態様では、本発明は、本発明の第1の態様の方法によって産生された活性化NK細胞を提供する。第3の態様では、本発明は、本発明の第2の態様の活性化NK細胞を含む組成物の、癌を治療するための薬物の製造における使用を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013009686/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腸管免疫を利用したスギ花粉... | トップ | 免疫レパートリー回復のため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌 ガン がん 腫瘍」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。