バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

心筋細胞の増殖方法

2016年10月25日 | 細胞と再生医療
出願人: アスビオファーマ株式会社
発明者: 安達 三美, 中山 敬一, 北嶋 繁孝, 高木 弘光

出願 JP2004017274 (2004/11/19) 公開 WO2005049822 (2005/06/02)

【要約】要約心筋細胞にサイクリン及びCDKを発現させ、並びにCip_Kip蛋白の機能若しくは働きを抑制するか、又はCip_Kip蛋白の産生を阻害することにより心筋細胞の増殖を誘導する。Cip_Kipファミリー蛋白としては、p27Kip1の作用を抑制し、又はその産生を阻害することが好ましい。本発明の実施に用いる組換えベクターとして、(1)サイクリン遺伝子、(2)サイクリン依存性キナーゼ遺伝子、並びに(3)Cip_Kip蛋白の機能又は働きを阻害する因子をコードする遺伝子及びCip_Kipファミリー蛋白の産生を阻害する核酸配列からなる群から選択される1つ又はその複数を含有するベクターが提供される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2005049822/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘパリン様化合物、その製造... | トップ | 慢性又は急性疾患に罹患して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。