バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

リン酸化されたβカテニンを選択的に認識する抗体

2016年10月13日 | 医療 医薬 健康
出願人: 協和醗酵工業株式会社, 国立がんセンター総長
発明者: 落合 淳志, 設楽 研也, 古谷 安希子

出願 2003-323624 (2003/09/16) 公開 2005-089354 (2005/04/07)

【要約】【課題】癌の発生、浸潤または転移を診断するための診断剤、および癌の発生、浸潤、転移または増殖を抑制するための治療剤を提供する。【解決手段】特定のアミノ酸配列における86位または254位チロシン残基がリン酸化されたβカテニンを選択的に認識する抗体またはその免疫反応性断片、およびそれらを有効成分とする癌の発生、浸潤または転移を診断するための診断剤、および癌の発生、浸潤、転移または増殖を抑制するための治療剤に関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005089354/
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「縄文人ゲノム解読 私たち... | トップ | 抗ニカストリン抗体、その誘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。