バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

感染症および腫瘍を処置するための組成物および方法

2017年01月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: エモリー ユニバーシティ, ダナ−ファーバー キャンサー インスティテュート インク., プレジデント・アンド・フェロウズ・オブ・ハーバード・カレッジ
発明者: アハメド ラフィ, アマラ ラマ, フリーマン ゴードン, シャープ アーレン

出願 2009-544250 (2007/12/26) 公開 2010-514791 (2010/05/06)

【要約】対象におけるPD=1の発現または活性を低減させるために用いることができるPD=1アンタゴニストが開示される。感染物質または腫瘍細胞に対して特異的な免疫応答は、感染物質または腫瘍からの抗原と共にこれらのPD=1アンタゴニストを用いて増強されうる。このように、持続的感染症などの感染症を有する対象を、PD=1アンタゴニストを用いて処置することができる。さらに、腫瘍を有する対象を、PD=1アンタゴニストを用いて処置することができる。いくつかの例において、対象を、関心対象抗原を認識する活性化T細胞の治療的有効量を移植する段階、およびPD=1アンタゴニストの治療的有効量を投与する段階によって処置することができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2010514791/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モノクローナル抗体5c8が... | トップ | T−betによるTH2系譜コ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌 ガン がん 腫瘍」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。