バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

効果的にがん細胞を攻撃する「キラーT細胞」をiPS細胞から作製

2016年11月26日 | 細胞と再生医療
効果的にがん細胞を攻撃する「キラーT細胞」をiPS細胞から作製
2016年11月25日 バイオニュース/iPS細胞,研究・開発,

 がん細胞を効果的に攻撃できる「キラーT細胞」をヒトiPS細胞から作製することに、京都大などの研究チームが成功した。2019年の臨床試験開始を目指している。

 研究チームは、13年にヒトiPS細胞からがんを攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」を作製した。しかしこの細胞は分子を認識する能力が低いため、そのままでは医療での応用は難しかった。http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/27455/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルツハイマー型認知症治療... | トップ | 血圧管理に気をつけるよう言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。