バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

アミロイド及びαシニュクライン疾患の治療のためのプロアントシアニジン

2016年10月16日 | 医薬工学 製剤 DDS


出願人: プロテオテック・インコーポレーテッドgoogle_iconyahoo_icon
発明者: スノー,アラン・ディー, キャスティロ,ジェラルド・エム, チョイ,パウラ・ワイ, グエン,ベス・ピー

出願 2002-574897 (2002/02/15) 公開 2005-505497 (2005/02/24)

【要約】アミロイド疾患、又はαシニュクライン若しくはNAC原線維形成により特徴づけられる疾患を哺乳動物被検者において治療する方法。本方法には、開示される一般式により特徴づけられる様々な開示プロアントシアニジン類若しくはプロアントシアニジンの治療有効量を該哺乳動物へ投与することが含まれる。治療有効量のプロアントシアニジンと製剤的に許容される賦形剤を含んでなる医薬組成物。プロアントシアニジンの治療量は、アミロイド、αシニュクライン、又はNAC原線維形成を哺乳動物被検者において治療する効力について選択される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005505497/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  システイン/シスチンのシャ... | トップ | アレルゲン分解用繊維素材  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。