バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

グルタミンペプチドを含有する抗疲労用組成物

2017年07月17日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: 日清ファルマ株式会社
発明者: 峯村 剛, 柴田 健次, 久保田 浩敬, 鈴木 良雄

出願 2003-332152 (2003/09/24) 公開 2005-097162 (2005/04/14)

【要約】【課題】 肉体疲労や精神疲労のみならず、慢性疲労、疲労感、易疲労など幅広い疲労に対して予防および回復作用に優れ、且つ安全性が高く呈味性にも優れた抗疲労用組成物およびこれを含有する抗疲労用食品を提供する。【解決手段】 L−グルタミン含量が15~60質量%で、平均分子量が200~100-000であるグルタミンペプチドを配合して抗疲労用組成物とする。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005097162/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニコチン酸類の製造方法 | トップ | 認知症予防「コグニサイズ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。