バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

バイオ医薬の研究開発の経験から見えたこと

2016年10月17日 | 創薬 生化学 薬理学
山崎達美

生物工学会誌 第94巻 第9号

http://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9409/9409_career_design.pdf
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アポトーシス抑制剤 | トップ | 蛍光タンパク質―知っておきた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。