バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

卵巣がん治療薬を承認申請 親から子に遺伝する「遺伝性」で国内初 

2017年08月09日 | 医療 医薬 健康


 英製薬大手アストラゼネカの日本法人(大阪市)は8日、開発を進めている遺伝性卵巣がんの治療薬について、医薬品を承認審査する独立行政法人、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に承認申請したことを明らかにした。親から子に遺伝する「遺伝性がん」の治療薬の申請は国内では初とみられる。患者にとってがん治療の選択肢が広がりそうだ。 来年前半にも承認を得て販売を開始することを見込んでいる。http://www.sankeibiz.jp/econome/news/170808/ecb1708081706002-n1.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で初めて兵隊フェロモン... | トップ | 遺伝子診断:治療する医療から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。