バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

放射線被ばく尿中バイオマーカーによる線量評価法の開発

2016年11月08日 | 放射線と健康

研究分野 放射線・化学物質影響科学
研究機関 広島大学
研究代表者
神谷 研二 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 教授
研究期間 (年度) 2013-04-01 – 2015-03-31完了

研究成果の概要 放射線被ばくによる生体影響は、その被ばく線量により異なることから、正確な被ばく線量の評価法が必要である。現在、最も信頼性の高い末梢血リンパ球における染色体異常の評価法は煩雑で熟練を要するため、多数の被ばくを疑われる人に対し実施するのに適当ではない。そこで本研究の最終目標は、非侵襲的検体を用いた簡便かつ精確な生物学的放射線被ばく線量測定・リスク評価技術の開発である。マウスにおいて、尿中Adipsinたんぱく質の糖鎖が0.25 Gy以上の被ばくで切断され、それが被ばく後、8時間から48時間の間で主として観察されることが明らかとなった。今後、糖鎖の切断を指標とした評価法の確立が期待される。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25550031/

キーワード 生物影響 / 生物学的線量評価法 / 糖鎖修飾 / 生物学的線量評価 / 放射線被ばく / バイオマーカー / 質量分析計
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCCとPNA-FISHによる二動原体... | トップ | 野生生物を調べてわかること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

放射線と健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。