バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

サラシア属植物由来の組成物、および該組成物の製造法

2017年07月06日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
出願人: 学校法人近畿大学, 株式会社ダイアベティム
発明者: 村岡 修, 赤木 淳二, 三宅 荘八郎, 森川 敏生, 吉川 雅之

出願 2009-051033 (2009/03/04) 公開 2010-202597 (2010/09/16)

【要約】【課題】サラシア属植物由来の抽出物、該抽出物を含有する血糖値上昇抑制用医薬組成物および健康食品、さらに前記抽出物の品質評価方法を提供する。【解決手段】脱硫酸コタラノールを高濃度で含有することにより、マルターゼ阻害活性の高いサラシア属植物由来の抽出物を得ることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2010202597/




α−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物の定量方法、及びサラキア属植物又はその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性評価法

審査請求:有 審査最終処分:特許登録

出願人: 学校法人近畿大学, 株式会社ダイアベティム
発明者: 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生


出願 2007-265750 (2007/10/11) 公開 2009-092597 (2009/04/30)

【要約】【課題】α−グルコシダーゼ阻害活性を有するサラシノール、コタラノール又はこれらの類縁化合物の、正確かつ簡便な定量方法を提供し、かつ、前記定量方法を使用してサラキア属植物やその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性を、正確で簡便に評価する方法を提供する。【解決手段】サラシノール、コタラノール又はこれらの類縁化合物の標準試料について、高速液体クロマトグラフ質量分析を、擬似分子イオンに該当する陰イオン又は陽イオンについての選択イオンモニタリングで行い、マススペクトルピーク面積と化合物量との関係Aを求め、被分析試料についての同様な測定によりマススペクトルピーク面積を得、関係Aとの対比によりα−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物を定量し、この定量値に基づきサラキア属植物等のα−グルコシダーゼ阻害活性を評価する。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009092597/

註)サラシア属植物とは、インドやスリランカなどの亜熱帯地域に自生する、つる性の植物です。
現地では古くからの歴史を持つ貴重な植物として、健康維持のために利用されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膵がん細胞浸潤転移阻害剤 | トップ | プロセシンググルコシダーゼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。