バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ミラフィオリレタスウイルスタンパク質をコードする核酸およびその利用

2017年06月15日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構
発明者: 川頭 洋一, 杉山 慶太, 守川 俊幸, 笹谷 孝英

出願 JP2003009086 (2003/07/17) 公開 WO2004009817 (2004/01/29)

【要約】高度に純化したミラフィオリレタスウイルスからその外被タンパク質を精製し、その部分アミノ酸配列を決定した。決定したアミノ酸配列の情報を基に設計したプライマーを用いたポリメラーゼ連鎖反応により、ミラフィオリレタスウイルス外被タンパク質をコードするDNAをクローニングし、その一次構造を解明した。得られた配列情報を基に設計したプライマーを用いた5’RACEを実施することにより、ミラフィオリレタスウイルス外被タンパク質をコードする複数のDNA分子を単離するとともに、その一次構造を決定することに成功した。これを利用してミラフィオリレタスウイルス抵抗性植物の作出およびミラフィオリレタスウイルスの感染の診断を行なうことが可能であることを見出した。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2004009817/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺伝子組換え植物による抗原... | トップ | 変異型酵素の設計法、調製法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。