バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

DREFを分子標的とする癌治療用組成物

2017年06月14日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: 愛知県, 国立大学法人名古屋大学
発明者: 長田 啓隆, 高橋 隆

出願 JP2007070031 (2007/10/05) 公開 WO2008044787 (2008/04/17)

【要約】本発明は、癌細胞又は癌組織においてヒト細胞増殖制御因子DREF又はDREF遺伝子のインビボ機能を抑制する、DREFに対するRNAi核酸、アンチセンス核酸又は抗体を含むことを特徴とする癌治療用組成物、並びに、ヒト培養癌細胞、又はDREF強発現細胞株、においてDREF遺伝子の発現又はタンパク質翻訳の抑制、或いは細胞増殖抑制、細胞周期停止及び/又は細胞死誘導、を指標として癌治療用薬剤をスクリーニングする方法を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2008044787/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウシ個体における脂肪交雑に... | トップ | 大腸癌抑制物質  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌 ガン がん 腫瘍」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。