バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒトヘルペスウイルス6glycoproteinQ1に対する中和抗体の作製とその解析

2017年03月07日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

出願人: 独立行政法人医薬基盤研究所, 一般財団法人阪大微生物病研究会
発明者: 森 康子, 山西 弘一, 高橋 理明

出願 JP2011002248 (2011/04/15) 公開 WO2012060025 (2012/05/10)

【要約】本発明は、いまだに提供されていない乳幼児の突発性発疹等の原因となる疾患HHV−6Bのワクチンを提供すること、および他の治療薬の有効なスクリーニング方法を提供することを課題とする。上記課題は、配列番号2の484位~496位に示すアミノ酸配列(QALCEGGHVFYNP)またはその改変配列のうち、少なくともEを含む少なくとも5連続アミノ酸の配列を含むかまたはEがQに変化したとき487番目のCおよび489番目のGが保存された配列を含む、HHV−6Bに特異的なエピトープを提供することによって解決される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2012060025/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肝機能の保護・改善剤  | トップ |  ヒトヘルペスウイルス6gl... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。