バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

セリン/アスパラギン酸ラセマーゼの構造と機能の進化

2016年10月17日 | 医療 医薬 健康

宇田 幸司
比較生理生化学 Vol. 33 (2016) No. 2 p. 68-76

http://doi.org/10.3330/hikakuseiriseika.33.68
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  神経系の起源と進化:散在神... | トップ | ホメオパシー薬で10人が死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。