バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

アミノ酸変異が導入されたIgG2を有する抗体

2017年05月19日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: 協和発酵キリン株式会社
発明者: 松島 亜樹, 浪崎 博史, 八木 繁典

出願 JP2010057027 (2010/04/20) 公開 WO2010123012 (2010/10/28)

【要約】本発明は、アゴニスト活性を有するヒトCD40に結合するモノクローナル抗体、すなわち少なくとも234位のバリンがアラニン、237位のグルタミンがアラニン、および331位のプロリンがセリンに置換(数字はKabatらによるEUインデックスに基づく)されているIgG2である重鎖定常領域を有する、アゴニスト活性を有するヒトCD40に結合するモノクローナル抗体を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2010123012/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターフェロン−γの産生を... | トップ | NK細胞に発現するタンパク質 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。