バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

医薬品や医療機器の審査に科学的知見をどこまで取り込めるか

2017年03月21日 | NEWSクリッピング
日刊工業新聞.,2017年03月20日

「18年にもレギュラトリーサイエンスセンターを設置する」

 医薬品や医療機器に革新をもたらす上で何が必要か。承認審査期間の迅速化を実現してきた医薬品医療機器総合機構(PMDA)の近藤達也理事長に聞いた。近藤理事長は医療の研究成果を実用化する際、最新の科学的知見から品質や有効性、安全性を予測、評価、判断する「レギュラトリーサイエンス」について、2018年にも新組織を設ける考えを示した。
http://newswitch.jp/p/8355
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  3,6-O-架橋ピラノース... | トップ |  東芝が「がん治療システム」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。