バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

RNA干渉剤、その製造方法及びその利用

2017年02月12日 | 医療 医薬 健康

出願番号 特願2014-549919
出願日 平成25年11月29日(2013.11.29)
国際出願番号 JP2013082179
国際公開番号 WO2014084354
国際出願日 平成25年11月29日(2013.11.29)
国際公開日 平成26年6月5日(2014.6.5)
優先権データ

特願2012-261730 (2012.11.29) JP

発明者

北出 幸夫
中島 礼美

出願人

国立大学法人岐阜大学

発明の名称 RNA干渉剤、その製造方法及びその利用
発明の概要 簡易な構成でオフ・ターゲット効果の抑制効果が得られるRNA干渉剤を提供する。このため、本開示は、3’末端にPAZドメイン低親和性ユニットを1又は2以上を備える、一本鎖オリゴヌクレオチドをパッセンジャー鎖として備えるRNA干渉剤とする。J-Store >>国内特許コード P170013692



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖タンパク質の糖鎖を遊離さ... | トップ | 未分化細胞のアポトーシス誘導剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。