バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

幹細胞の増殖と分化の光遺伝学的制御方法

2017年04月23日 | 細胞と再生医療

出願番号 特願2015-537928
出願日 平成26年9月17日(2014.9.17)
国際出願番号 JP2014074458
国際公開番号 WO2015041219
国際出願日 平成26年9月17日(2014.9.17)
国際公開日 平成27年3月26日(2015.3.26)
優先権データ
特願2013-193582 (2013.9.18) JP
発明者
影山 龍一郎
磯村 彰宏
今吉 格
出願人
国立大学法人京都大学

発明の概要 本発明は、光遺伝学的な遺伝子発現調節系を用いて、光照射によって神経分化決定因子の発現を調節することにより、神経前駆(NPC)細胞を増殖・維持させるか、神経幹細胞から神経系細胞への分化を誘導するかを制御する方法を提供する。本発明は、Ascl1、Hes1、Olig2等の神経分化因子は、NPCでは周期的に発現振動しているが、運命決定の際にはそれらのいずれかの発現が支配的になることの発見と、標的遺伝子の発現を周期的に発現振動させ得る遺伝子発現系の構築に基づくものである。即ち、本発明は、青色光に応答して活性化(二量化)する転写活性化因子(GAL4-Vivid-p65 fusion protein; GAVPO)をコードする核酸と、該転写活性化因子が結合するシス配列を含むプロモーターの下流に標的神経分化決定因子をコードするDNA及びmRNAを不安定化する3’-UTRを繋いだ核酸とをNPCに導入し、該NPCに青色光を、周期を変えて短時間照射することにより、標的因子を発現振動させてNPCを維持増幅するか、あるいは標的因子の持続的発現を誘導して該因子により運命づけられる神経系細胞への分化を誘導する方法を提供する。J-Store >>国内特許コード P170013966
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生物学的組織に血管系を付与... | トップ | 融合遺伝子、ベクター、トラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。