バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

iPS細胞使いサルの心筋梗塞改善 初めて成功と発表

2016年10月11日 | 医療 医薬 健康


心筋梗塞を起こしたサルにiPS細胞から作った心臓の筋肉の細胞を移植し、症状を改善させることに世界で初めて成功したと信州大学のグループが発表しました。グループは数年以内にヒトでの臨床試験を始める計画で、ヒトに近いサルでの成功は大きな一歩になるとしています。NHKニュースweb.,2016年10月11日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬剤耐性菌の「培養皿」と化... | トップ |  異物混入中毒死事件 横浜市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。