バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

治りにくい「スキルス胃がん」治療に光…大阪市大、原因たんぱく質特定

2016年10月18日 | 癌 ガン がん 腫瘍

 治りにくいがんとして知られる「スキルス胃がん」の症状が進む原因となるたんぱく質をマウスの実験で特定したと、大阪市立大の八代正和准教授(腫瘍外科学)らのチームが米病理学会誌の電子版に論文を発表した。治療薬の開発につながる可能性があるという。読売新聞yomiDr.,.,2016年10月17日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  活性持続型ビタミンC (Asc2-... | トップ | 英国およびアイルランド全域... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。