バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗HLA−DR抗体の利用

2016年10月25日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: 麒麟麦酒株式会社
発明者: 俵 知紀, 片岡 之郎

出願 2005-202038 (2005/07/11) 公開 2005-325133 (2005/11/24)

【要約】【課題】 本発明は、抗HLA=DRモノクローナル抗体を提供する。【解決手段】 本発明は(a)HLA=DR発現癌細胞を担持した非ヒト動物において延命効果を示し、かつ(b)L243と比べ免疫反応に対する抑制活性が弱い、からなる性質を有するHLA=DRと結合する抗体又はその機能的断片、あるいは、マウス抗HLA=DRモノクローナル抗体L243(ATCC HB=55)と比べてL243と同等か又はL243より強い免疫抑制活性を示すHLA=DRと結合する抗体又はその機能的断片である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005325133/


抗HLA−DR抗体の利用
出願人: 麒麟麦酒株式会社
発明者: 俵 知紀, 片岡 之郎

出願 2004-337448 (2004/11/22) 公開 2005-126443 (2005/05/19)

【要約】【課題】 本発明は、抗HLA=DRモノクローナル抗体を提供する。【解決手段】 本発明は(a)HLA=DR発現癌細胞を担持した非ヒト動物において延命効果を示し、かつ(b)L243と比べ免疫反応に対する抑制活性が弱い、からなる性質を有するHLA=DRと結合する抗体又はその機能的断片、あるいは、マウス抗HLA=DRモノクローナル抗体L243(ATCC HB=55)と比べてL243と同等か又はL243より強い免疫抑制活性を示すHLA=DRと結合する抗体又はその機能的断片である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005126443/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慢性又は急性疾患に罹患して... | トップ | 蛋白質をコードする遺伝子が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

抗体 免疫 抗原 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。