バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗CTLA−4モノクローナル抗体をコードする腫瘍溶解性アデノウイルスベクター

2016年10月16日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: オンコス セラピュティックス オサケ ユキチュア
発明者: ディアス ホアオ, チェルロ ヴィンチェンツォ, ヘミンキ アクセリ, ペソネン サリ

出願 2013-529691 (2011/09/23) 公開 2014-500004 (2014/01/09)

【要約】本発明は生命科学および医学の分野に関する。具体的には、本発明は癌治療に関する。より具体的には、本発明は、腫瘍溶解性アデノウイルスベクターならびに前記ベクターを含む細胞および医薬組成物に関する。本発明はまた、被験者の癌を治療するための前記ベクターおよび被験者の癌を治療するための方法にも関する。さらにまた、本発明は、細胞内で抗CTLA=4モノクローナル抗体を産生させ、被験者の腫瘍特異的免疫応答およびアポトーシスを増強する方法ばかりでなく、細胞内で抗CTLA=4モノクローナル抗体を産生させ、被験者の腫瘍特異的免疫応答およびアポトーシスを増強するための腫瘍溶解性アデノウイルスベクターの使用にも関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014500004/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  NO修飾されたプロテアーゼ... | トップ | 武田薬品、がん治療薬開発で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。