バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

免疫細胞活性化機能を有する高分子材料のガン治療への応用

2017年07月29日 | 創薬 生化学 薬理学
山脇 直邦
高分子 Vol. 41 (1992) No. 10 P 721

http://doi.org/10.1295/kobunshi.41.721
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 因子Xa化合物  | トップ | 新規抗腫瘍免疫細胞誘導法の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。