バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ウイルス又は病原菌由来の不活化抗原に対するアジュバント、及び分泌型IgA抗体誘導剤

2017年09月23日 | 創薬 生化学 薬理学
出願人: 秋山 幸仁g, 中村 友幸g, 国立感染症研究所長
発明者: 長谷川 秀樹, 中村 友幸, 秋山 幸仁

出願 2007-115739 (2007/04/25) 公開 2008-273846 (2008/11/13)

【要約】【課題】 ウイルス又は病原菌由来の不活化抗原に対するアジュバントの提供【解決手段】(1)キノコの菌糸体の熱水抽出物を主成分とすることを特徴とするウイルス又は病原菌由来の不活化抗原に対するアジュバント。(2)ウイルス又は病原菌由来の不活化抗原と、このウイルス又は病原菌由来の不活化抗原に対するアジュバントを含むことを特徴とする分泌型IgA抗体誘導剤。(3)ウイルス又は病原菌由来の不活化抗原と共にこのウイルス又は病原菌由来の不活化抗原に対するアジュバントを投与することを特徴とするウイルス又は病原菌特異的IgA抗体を誘導させる方法。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2008273846/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖類分解酵素阻害活性剤及び... | トップ | インド科学技術省バイオテク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。