バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

乳糖果糖オリゴ糖の「インフルエンザウィルス感染予防作用」

2016年10月14日 | 医療 医薬 健康
塩水港精糖
http://www.oligo.jp/pdf/influenza.pdf

抗インフルエンザウイルス用組成物
出願人: 塩水港精糖株式会社
発明者: 岸野 恵理子, 中澤 正年, 伊藤 哲也, 三國 克彦

出願 2011-080442 (2011/03/31) 公開 2012-214403 (2012/11/08)

【要約】【課題】容易に入手可能で、日常的に経口摂取でき、安全性に優れた抗インフルエンザウイルス組成物を提供する。【解決手段】ラクトスクロース(β−D−ガラクトシル−(1,4)−α−D−グルコシル−(1,2)−β−D−フラクトシド)を有効成分として含有するインフルエンザウイルス感染予防・症状軽減作用を有する抗インフルエンザウイルス用組成物、該抗インフルエンザウイルス用組成物を含む飲食品、飲料、医薬品。【効果】本発明の抗インフルエンザウイルス用組成物によるウイルス感染予防効果は、あらかじめ該組成物を摂取しておくことで発揮されるため、本発明の抗インフルエンザウイルス用組成物は、インフルエンザの型を問わない利点がある。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2012214403/

塩水糖が急騰、増額期待やインフルエンザ関連として投機資金集結
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201610130306
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膵癌治療剤  | トップ | 甜菜ゲノム中の抽苔遺伝子又... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。