バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

<医療>「アスペルガー症候群」五つの特徴

2017年07月16日 | 神経 脳 リューマチ

7/15(土) 10:00配信 毎日新聞

【ジャーナリスト・村上和巳】

アスペルガー症候群に薬物療法の可能性も見え始めた
 対人関係に障害などがある「アスペルガー症候群」は発達障害の中でも有名です。実は現在、専門家の間では、この名前は使われていません。発達障害の診断基準として世界的に使用されているアメリカ精神医学会策定の「精神疾患の診断と統計マニュアル 2013年改訂第5版(DSM-5)」で、アスペルガー症候群を自閉症などと包括して、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」と改めたためです。ASDの中の旧・アスペルガー症候群については最近、ホルモンを使った治療の効果が注目されています。旧・アスペルガー症候群の特徴と治療法を、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長に聞きました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000019-mai-soci
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米アンブリー買収はまだ第一... | トップ | iPS細胞による再生と臓器移植 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神経 脳 リューマチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。