バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

治療的使用のための新しいフタロシアニン誘導体

2017年01月25日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
出願人: モルテニ セラピウティクス ソシエタ ア レスポンサビリタ リミタータgoogle_
発明者: デイ・ドナタ, ロンクッチ・ガブリオ, ソルデイニ・ジャンルカ, ニストリ・ダニエレ, チティ・ジアコモ, ムニッチ・モイラ, ファンテッチ・リア, ジュリアーニ・フランセスコ

出願 2014-524473 (2012/08/06) 公開 2014-522881 (2014/09/08)

【要約】フタロシアニン誘導体と、それを場合によりEDTA等のキレート剤と組み合わせて含有する医薬組成物及び医療デバイスであって、細胞過剰増殖を特徴とする疾患、グラム陰性細菌、グラム陽性細菌及び真菌に起因する微生物感染を光力学的治療によって治療するのに有用であり並びに様々な種類の感染潰瘍及び非感染潰瘍を治療するのにも有用である医薬組成物及び医療デバイスとを記載する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014522881/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗ウイルス治療  | トップ | 良好な発生能を有する非近交... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事