バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

エラスチンのアミノ酸配列を基としたペプチドからなる経皮吸収素材

2016年10月20日 | 生理活性蛋白質・ペプチド・核酸

出願番号 特願2015-025675
公開番号 特開2016-147830
出願日 平成27年2月12日(2015.2.12)
公開日 平成28年8月18日(2016.8.18)
発明者

前田 衣織・引間 知広・野瀬 健

出願人:国立大学法人九州工業大学
株式会社E&Cヘルスケア

発明の名称 経皮吸収素材、並びに、経皮吸収式化粧品、及び、経皮吸収式薬剤 NEW
発明の概要 【課題】エラスチンのアミノ酸配列を基としたペプチドからなる経皮吸収素材、並びに、それを備える経皮吸収式化粧品及び経皮吸収式薬剤を提供する。
【解決手段】Phe-Pro-Gly-Val-Glyの配列を4~10回繰り返したアミノ酸配列を有する第1のペプチド、又は、前記第1のペプチドに対して、少なくとも1つのアミノ酸が欠失、置換、又は付加された第2のペプチドからなる経皮吸収素材。第1、第2のペプチドは、エラスチンのアミノ酸配列を基としたペプチドである。J-Store >>国内特許コード P160013323
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトES/iPS 細胞に適した環... | トップ |  カイコによるホロタンパク質... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。