バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える薬に効果を確認

2017年03月20日 | アレルギー アトピー

バイオの杜.,2017年3月5日 バイオニュース/研究・開発,

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える薬剤の効果が国際的な共同治験で確認されたとする結果が医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表されました。

アトピー性皮膚炎では皮膚にかゆみが発生し、ひっかくと皮膚が刺激されてさらにかゆくなるという悪循環が起こります。患者はかゆみのために寝付くまで時間がかかり、夜中にかゆみで目が覚めるなどQOLに悪影響を与えます。

アトピー性皮膚炎の患者のかゆみは、インターロイキン31(IL-31)の受容体が関与していることが報告されています。
http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/28597/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPS細胞から作製した膵島をサ... | トップ | 鎌状赤血球症の遺伝子治療に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。