バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

東芝が「がん治療システム」だけは自社に残す理由

2017年03月21日 | 医療機器 検査機器

日刊工業新聞.,2016年03月05日

海外からも注目される新しい重粒子線の治療とは?

 がん治療システムの進化が著しい。これから国内の医療施設で最新システムが順次稼働していく。がんは日本人の国民病であり、2人に1人がなる。副作用が少なく患者負担を軽減できる新しい治療法への期待は大きい。東芝は日本での受注実績を武器に今後は海外展開にも力を入れる。
http://newswitch.jp/p/3842
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医薬品や医療機器の審査に科... | トップ |  シスプラチン耐性がんの治療... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。