バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

活性持続型ビタミンC (Asc2-P) による遺伝子発現の制御

2016年10月18日 | 細胞と再生医療
畑 隆一郎
日本農芸化学会誌 Vol. 72 (1998) No. 10 P 1191-1193

http://doi.org/10.1271/nogeikagaku1924.72.1191
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13Cグルコース呼気試験を利用... | トップ | 治りにくい「スキルス胃がん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。