バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

マラリア、ねむり病、エイズ、C型肝炎を撲滅する方法、及びその装置

2016年09月18日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
出願人: 長浦 善昭, 長浦 久美子, 長浦 善一郎
発明者: 長浦 善昭

出願 2008-237089 (2008/08/18) 公開 2010-043057 (2010/02/25)

【要約】【課題】電磁波を使用して病原体を媒介するハマダラ蚊、又はツエツエバエ、又はインフルエンザウイルス、又は天然痘、又は炭疽菌、又は白癬菌、又は汗疱状白癬菌などの細菌、真菌、黴、ウイルスを死滅させる方法、及びその装置、及び、マラリア、ねむり病、エイズ、C型肝炎、インフルエンザなどの感染症、又は耐性結核菌、又は癌細胞の治療手段を提供する。【解決手段】人体、又は牛馬に影響を与えない範囲内の出力の指向性があり直進性がある正弦波の電磁波を空気中、又は牛馬の体皮の表面上に発射、及び照射をさせて、空気中を飛翔している蚊、又は牛馬の体皮にまとわりついているツエツエバエを撲滅させる。またカテキン、又はカテキン誘導体を人体の血液中に静脈内投与をするか、又は経口内投与を行うことにより、種々雑々な感染症の原因ウイルス、又は耐性結核菌、又は癌細胞を血液中に於いて死滅させる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2010043057/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪性腫瘍の予想、診断のため... | トップ | PPARαを介した、新たな活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。