バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

難病であるクローン病治験薬の安全性と有効性を検証する医師主導治験を開始

2016年09月15日 | NEWSクリッピング
日本の研究.com TOP記事一覧プレスリリース掲載日:2016.09.15

慶應義塾大学 日本医療研究開発機構

関連研究者
金井隆典 金井隆典 KAKEN MHLW AMED
慶應義塾大学 医学部 教授 - 2015年度

このたび、慶應義塾大学医学部内科学教室(消化器内科)の金井隆典教授、長沼誠専任講師らは独立行政法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)との共同研究により、クローン病に対する医薬品の候補であるOCH-NCNP1(以下OCHという)の安全性と有効性を検証するための医師主導の治験を開始しました。
https://v3.rjp.bioimpact.jp/articles/view/50186
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潰瘍性大腸炎の検出方法  | トップ | 発光を利用して試料中のAT... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。