バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞死が植物上陸の鍵だった

2017年08月13日 | 生命科学 生物誌



日本の研究., 注目記事 掲載日:2014.03.26

植物がまず約4億7千万年前の古生代に海から陸に上がって、すぐ後追いをするように動物たちも上陸し、多様に進化した。植物上陸のドラマは生物進化で大きな転換期となった。この地球史上の大事件は、植物体内の自己細胞死によって起きたことを、日本の研究グループがコケ植物などの実験で突き止め、3月20日付の米科学誌サイエンスのオンライン版で発表した。

https://research-er.jp/articles/view/11351
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校欠席者情報収集システム... | トップ | 精子貯蔵10年超、謎に迫る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生命科学 生物誌」カテゴリの最新記事