バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

siRNA細胞内送達のための脂質膜構造体

2017年05月16日 | 細胞と再生医療

出願番号 特願2016-521092
出願日 平成27年5月18日(2015.5.18)
国際出願番号 JP2015064196
国際公開番号 WO2015178343
国際出願日 平成27年5月18日(2015.5.18)
国際公開日 平成27年11月26日(2015.11.26)
優先権データ
特願2014-104131 (2014.5.20) JP
発明者
原島 秀吉
佐藤 悠介
藁科 翔太
畠山 浩人
兵藤 守
中村 孝司
出願人
国立大学法人北海道大学
発明の名称 siRNA細胞内送達のための脂質膜構造体 NEW
発明の概要 siRNAが内部に封入されており、かつ脂質成分として式(I)の脂質化合物を含む脂質膜構造体(R1及びR2はCH3-(CH2)n-CH=CH-CH2-CH=CH-(CH2)m-、nは3~5、mは6~10、pは2~7の整数、R3及びR4はC1-4アルキル基又はC2-4アルケニル基を示す)。 J-Store >> 国内特許コード P170014132
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンパ節イメージング剤 | トップ | 間葉系幹細胞の賦活化剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。