バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

Muse細胞の点滴による慢性腎臓病の新しい治療法の可能性

2017年07月13日 | 医療 医薬 健康
‐組織修復と機能回復をもたらす修復治療を目指して‐

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.07.13
東北大学 日本大学

今回、東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤 真理(でざわ まり)教授の研究グループは、日本大学医学部およびカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループと共同で、ヒト Muse 細胞を慢性腎臓病モデルマウスに静脈投与すると、腎組織が修復され腎機能が回復することを明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/60529
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミトコンドリア内の遺伝子発... | トップ | アルツハイマー病のもつれを解く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。