バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

H1受容体アンタゴニストとしての置換キノリン誘導体

2016年12月28日 | アレルギー アトピー

出願人: グラクソ グループ リミテッ, GLAXO GROUP LIMITED
発明者: ゴア,ポール,マーティン, ハンコック,アシュレイ,ポール, ホッジソン,サイモン,ティーンビー, プロコピウ,パナイオティス,アレクサンドル, ビル,サディ

出願 2010-520568 (2008/08/13) 公開 2010-535845 (2010/11/25)

【要約】本発明は、式Iの化合物及びその塩、その調製方法、それらを含む組成物に関し、且つ、アレルギー性鼻炎などの様々な疾患の治療におけるその使用に関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2010535845/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バニロイド受容体作用薬と神... | トップ | 厚労省、がんゲノム医療を推進 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アレルギー アトピー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。