バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

稲由来のヒト血清アルブミン、臨床研究へ

2017年05月17日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
人民網日本語版 2017年05月17日14:44

稲から抽出し、ヒトに使用可能な血清アルブミンを作り出すという夢が、着実に実現に向かっている。武漢禾元生物科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)が開発した植物由来の組み換えヒト血清アルブミン注射液が、国家食品薬品審査・評価センターから、臨床研究の許可を得た。これは湖北省で初めて臨床研究が認められた生物第1類新薬で、世界初の稲により生産される第1類新薬でもある。科技日報が伝えた。
http://j.people.com.cn/n3/2017/0517/c95952-9216840.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国産の新型グリセロキナー... | トップ | T細胞の分化を制御する転写制... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。