バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ノロウィルス不活化用リゾチーム類の製造方法

2017年05月17日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
ノロウィルス不活化剤及びその製造方法、ノロウィルス不活化方法、ノロウィルス不活化用リゾチーム類の製造方法、ノロウィルス感染の予防薬又は治療薬、並びにノロウィルス不活化用皮膚外用剤

出願番号 特願2015-524537
登録番号 特許第5806434号
出願日 平成27年2月23日(2015.2.23)
登録日 平成27年9月11日(2015.9.11)
国際出願番号 JP2015055070
国際出願日 平成27年2月23日(2015.2.23)
優先権データ

特願2014-032313 (2014.2.21) JP
特願2014-157145 (2014.7.31) JP
特願2014-189487 (2014.9.17) JP

発明者

高橋 肇
佐藤 美紀
宮下 隆
笹原 亮

出願人

国立大学法人東京海洋大学
キユーピー株式会社

発明の名称 ノロウィルス不活化剤及びその製造方法、ノロウィルス不活化方法、ノロウィルス不活化用リゾチーム類の製造方法、ノロウィルス感染の予防薬又は治療薬、並びにノロウィルス不活化用皮膚外用剤 NEW
発明の概要 ノロウィルス不活化剤が、リゾチーム及び/又はその塩、並びにこれらの変性物から選ばれる少なくとも1種であるリゾチーム類を含有する。国内特許コード P170014114
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗がん剤 | トップ | 遺伝子ノックアウトブタ  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。