バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞死が植物上陸の鍵だった

2017年08月13日 | 生命科学 生物誌



日本の研究., 注目記事 掲載日:2014.03.26

植物がまず約4億7千万年前の古生代に海から陸に上がって、すぐ後追いをするように動物たちも上陸し、多様に進化した。植物上陸のドラマは生物進化で大きな転換期となった。この地球史上の大事件は、植物体内の自己細胞死によって起きたことを、日本の研究グループがコケ植物などの実験で突き止め、3月20日付の米科学誌サイエンスのオンライン版で発表した。

https://research-er.jp/articles/view/11351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校欠席者情報収集システムによるインフルエンザ 流行状況について

2017年08月13日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

墨田区における学校欠席者情報収集システムによるインフルエンザ 流行状況について(2014~2015 シーズン)

松本 加代, 菅原 民枝, 大日 康史
感染症学雑誌 Vol. 89 (2015) No. 6 p. 748-749
http://doi.org/10.11150/kansenshogakuzasshi.89.748


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

.抗生物質産生菌由来の免疫促進物質(免疫調節(IV))

2017年08月13日 | 抗体 免疫 抗原 

野口 和志, 森 裕志, 三原 昌彦, 江田 昭英

アレルギー Vol. 32 (1983) No. 8 p. 891-

http://doi.org/10.15036/arerugi.32.891
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物用抗生物質の現状

2017年08月13日 | j獣医科学
中村 政幸
日本畜産学会報 Vol. 55 (1984) No. 5 P 291-298

http://doi.org/10.2508/chikusan.55.291
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食品および動物飼料への抗生物質使用に関する公衆衛生上の問題について

2017年08月13日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

藤田 昌彦
食品衛生学雑誌 Vol. 5 (1964) No. 1 P 82-91

http://doi.org/10.3358/shokueishi.5.82
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐性菌「CRE」で死亡 2人は院内感染の可能性で病院陳謝

2017年08月13日 | NEWSクリッピング

北九州市の病院で入院患者3人が抗生物質のほとんど効かない「CRE」と呼ばれる耐性菌に感染しているのが確認され、その後、死亡したことについて、11日に病院が会見を開き、このうち2人は短期間のうちに感染が確認されたことなどから、院内感染の可能性があるという考えを示しました。 NHKニュース 2017年8月11日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血液で13種類のがんを早期発見 今月から臨床研究へ

2017年08月13日 | NEWSクリッピング

血液を採取するだけで乳がんや大腸がんなどの13種類のがんを早期に発見する検査法を国立がん研究センターなどのグループが開発し、今月から有効性を確かめる臨床研究を始めることになりました。
新たながんの検査法は、血液を採取して分析するだけで乳がんや大腸がんなどの13種類のがんを早期に発見することができるもので、国立がん研究センターなどのグループが開発しました。 NHKニュース 2017年8月13日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗がん剤の残薬活用へ 医療費、数百億円削減 厚労省が安全基準

2017年08月13日 | NEWSクリッピング

8/12(土) 7:55配信 産経新聞

 厚生労働省は11日、使い切れなかった抗がん剤の残薬を他の患者にも有効活用できるよう安全基準づくりに乗り出す方針を固めた。免疫に働きかける「オプジーボ」など高額な抗がん剤が相次いで登場しており、薬の廃棄ロスを減らせば数百億円単位の医療費削減も期待できるという。

 厚労省は9月にも、医療機関が残薬を活用した場合の安全性や医療費削減の効果について多角的な調査研究を始める。研究結果を踏まえ、今年度中に残薬の活用策を検討していく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000050-san-soci
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東大論文不正 倫理欠如を想定、抑止策「性悪説」に転換

2017年08月13日 | NEWSクリッピング

8/12(土) 7:55配信 産経新聞

 科学研究の論文不正が後を絶たない。東京大の分子細胞生物学研究所で起きた不正は、STAP細胞問題で揺らいだ科学への信頼を再び脅かした。大学は防止策をすり抜ける形で不正が再発したことを重く受け止め、「性悪説」への転換で対策の抜本的な見直しを迫られている。
https://headlines.yahoo.co.jp/79-san-socihl?a=20170812-000000
コメント
この記事をはてなブックマークに追加