バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

タンパク質合成の正確性を保証する品質管理の新機構

2017年08月08日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
タンパク質合成の正確性を保証する品質管理の新機構 リボソームに目印をつけて異常タンパク質を分解する新規複合体の発見

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.08.08
東北大学

東北大学大学院薬学研究科の稲田利文教授と東京都医学総合研究所田中啓二所長、ドイツミュンヘン大学 Beckmann 博士、米国カリフォルニア大学バークレー校の Ingolia 博士らのグループは、様々な疾患の原因となる異常タンパク質の合成を抑制する品質管理の分子機構を解明しました。また、新規品質管理因子 RQT1 が、特異的な翻訳停止状態のリボソームを認識し、リボソームに目印をつけることが品質管理機構に必須であることを見出しました。さらに、目印についたリボソームを認識し、停滞したリボソームを解消する新規複合体を同定しました。
https://research-er.jp/articles/view/61488
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物が宇宙で成長するための機能を解明 微小重力下では、根が高水分側に伸びることを発見

2017年08月08日 | 生命科学 生物誌

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.08.08
東北大学

 東北大学大学院生命科学研究科の高橋秀幸教授らのグループは、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 等と共同で、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で宇宙実験を実施し、キュウリの根が微小重力下(µG)では水分の多い方向に伸びることを明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/61489
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次世代バイオ分析のための集積マイクロ流体デバイスの開発

2017年08月08日 | 医療 医薬 健康

田中 陽
分析化学 Vol. 66 (2017) No. 7 p. 487-494
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/66/7/66_487/_article/-char/ja/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

代謝性疾患

2017年08月08日 | 医療 医薬 健康
各論~注目される新しい検査を中心に~

平山 哲, 三井田 孝
日本内科学会雑誌 Vol. 100 (2011) No. 11 p. 3263-3269

http://doi.org/10.2169/naika.100.3263
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣りエサから奇跡の担い手に? ゴカイがヒトの代替血液に貢献の可能性

2017年08月08日 | NEWSクリッピング

8/7(月) 15:58配信 AFP=時事

【AFP=時事】暗めぬめした食べられない生き物──ゴカイの使い道といえば、何世紀にもわたって釣りエサだけだった。しかしフランスの研究チームによって、その血液に類まれな酸素運搬能力があることが判明した。活用すれば人間の血液の代用物として、人命を救ったり、手術後の回復を速めたり、移植患者の役に立ったりする可能性があるという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000033-jij_afp-sctch
コメント
この記事をはてなブックマークに追加