あぁ・・・このままでは終われない!脳内出血奮戦記

ひとり暮らしを突然に襲ってきた脳内出血 なんとかしなければ!
毎日わくわくキラキラを発見しながらのトレーニング記録 

家に居て熱中症に 3(完) 水分摂取量

2017-07-31 13:33:20 | 熱中症に
あの夜、
ベッドに横たわりながら摂った水分量は1リットルは超えていたと思う。
何度も体温を測り
38℃超えたら こうしちゃおれんっ!

思いが通じたのか最高37.8℃ 
翌朝には36.7まで下がっていてほっとひと安心する。

夜明けがどんなに待ち遠しかったことか。
恐る恐る足を床に・・・。

おっ!
大丈夫だ!立てるぞ!
ソロリソロリとトイレへ。
まぁ~ 出るわ出るわの数十秒間(笑)
至福の時ってカンジ。

「 膀胱の収縮がとても良い 」と半世紀以上生きて来た中で
看護師さんに褒めてもらったことが何度かあるけど関係あるのかな。

6日目くらいにK女史に施術をしてもらい一部始終を告げる、と。
そこで 初めて 熱中症熱ケイレンだと解る。
別の病気を発症してしまったのかという不安が一気に吹き飛んだ。

原因がわかれば対処方法もハッキリしてくる。

今回は
「 滝のような汗が流れる 」
このことがキ~ポイントだったのだ。
通常の水分補給量では、とうてい追いつかなかったのだ。

「滝のような汗」
コレが今夏は異常に悪化したのだ。
体温調節がうまく出来ないということが
後遺症の一つだということを初めて知った、6年目にして初めて知ったのだ。

一回に
ゴクン ゴクン と、2口飲む。
こまめに飲んでいたから十分だと思っていた。
熱い、温かい、常温  白湯、レモン水、豆乳、緑茶etc・・
でも
不調がつづいてた100日間あまりは
3リットル用のポットが空になることがなかったことに気づく。
飲んでいた・つ・も・り だったのだ。

現在はポットの底が見えるまで飲むことを目標にしている。
脱水症状後の数日間は異常に喉が渇くことがあるようだ。
喉がというより口の中がカラツカラになった。
だから他の病気かと不安になったのだが原因を知り安堵。

人それぞれ身体の特徴がある。
水分を摂りすぎてもいけない身体だったり。
funsenkiのように汗の量がハンパでない身体だったり。

自分の身体に応じての水分量が必要であると思い知らされた熱中症体験だった。

脳内出血の後遺症に大苦戦している身体。
自分の身体の特徴を良く知っておくという事は、とても難しいもンである。


熱中症でいう
シ・ビ・レ ケ・イ・レ・ン・など
この身体にとっては日常茶飯事。
「また脳なのか?!」と見間違うほどだった。

まだまだつづく猛暑日。
どうぞ お気をつけください。

次は大丈夫っ!たぶん・・・♪

人気ブログランキング






『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家に居て熱中症にっ! 2 | トップ | 終活はじめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熱中症に」カテゴリの最新記事