あぁ・・・このままでは終われない!脳内出血奮戦記

ひとり暮らしを突然に襲ってきた脳内出血 なんとかしなければ!
毎日わくわくキラキラを発見しながらのトレーニング記録 

「消えた背中」 が戻って来た?!感覚障害

2017-11-20 12:37:23 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ
うでは、消えても目には見えてるから感覚は無くとも存在は確認できるけど・・
あぁっ うでが無い?!・・

でも背中は、そうはいかない。
急性期病院リハビリ病院そして退院してからも
横になるときは常に右側(健側)を下にしていた。

アドバイスをもらいながら身体と相談しながら訓練の結果、
6年目に突入した今年は、仰向け、右を下に、左を下にと
寝返りもまぁまぁ自由に出来るようになってきている。

背中はというと・・・
左肩というか肩甲骨ごとグッグッと前に引っ張られてしまっている。
伸ばす筋肉よりも縮む筋肉のほうが断然強いからだということも知った。
これがまた強い症状な身体(泣っ)

自主トレの時
ベッド上で壁越しに背中をくっつけても感覚がまるで無い。
背中半分が消えてしまってる感覚。
仰向けになっても肩が浮いてしまっているからだとズ~と思っていたのだ。

それがだ
ベッドから床(フロ~リング床の上にコルク敷き)へと自主トレの場を移すことに成功!
と言っても成功率50%くらい(笑)
ここまで来るのに6年間も要したことになる。

床に、あおむけになって初めて左側の背中の存在に気づくことができた(ウッソ~!)
床とベッド上とは天と地との違いである。


あの氷のように冷たかった腕が常温くらいに感じられる現在。
背中の存在をもっともっと強く感じれるようになったなら
この5~6kgの重りを左上半身に乗せてる感覚も軽減するのではないだろうか・・・と。
脳関節筋肉・・

昨日は、3週間ぶりのうれしい日曜日だった。
こんな時は、もの事が良い方へ良い方へと向かう。

ココ一番の冷え込みと、どんより曇り空にもかかわらず
紅茶を啜りながらゆった~りなひととき~
いったい いつぶりだろうか(ウレシ)

人気ブログランキング







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つめ切り どうやっていますか?SOLINGENの爪切りでっ!1

2017-04-17 13:15:27 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ

40年近く愛用のSOLINGEN ピッカピカに

磨く前のSOLINGEN &つめやすり 

それまでは他力本願だった 「 爪を切る 」ということ。
発症から3年後のころ。
左人差しゆび(マヒ側)に指令が少しでも届き始めると真っ先にやらせたのが爪切りだ。

爪切りは結構好きである。ストレス解消にもなっていた。
それもこのゾウリンゲンの爪切りだったからこそだ。

若いころ、職場の先輩から教えていただいたのだ。
従業員価格で4000円以上した記憶がある。
「高いなぁ~」そう思ったが 40年近くも愛用している(笑)
ドイツの刃物の都市。

じゃぁ右手ゆびは?(健がわ)
そこで、「 つめやすり 」を必死で訓練し今に至っている。
爪切りって「今、切りたいっ!」ってなりませんか?
人を頼むとなるといつでもできるとはいかない。
気になりだすと、つい歯で噛んでいたのだった(笑)

綺麗によみがえった爪切りはスベスベ握る手が気持ち良~~い。
グッタリ疲れも吹っ飛ぶってもんだ。

この身体もよみがえるといいなぁ・・イメ~ジイメ~ジ♪~
つづく・・

人気ブログランキング





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕をぶぅ~らん・ぶぅ~らン 名づけて デンデン太鼓でぇ~いっ! 

2017-03-26 11:33:34 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ


ズッシリ重い上肢の改善策としてこれまで、
自主トレ・肩甲骨中心の施術を5年間続けてきている。
テクトロン電気治療(低周波)・マイクロ波治療もやった。

とくに直近の2年間はめざましい改善だ。
と、言っても周りの同病者の方々とは比べものにならないくらいの微々たる改善レベルだ。

しか~し、リハビリって人と比べるのではなく常に比較するのは、
3ケ月前の、半年前の、2年前の、5年前の、自分の身体なのだと思っている。

脳内出血に倒れた時点である程度の後遺症は人それぞれ決まってしまうという・・・。
スタ~ト地点が違うのだ。
だから自分より動ける人の動きは全然参考にならない、どころかショックが大きくなるばかりなのだ(苦笑)
倒れた時点で?!・・
施術してくださる数人の方々との二人三脚でやってきた。
ようやく思い通りのトレーニングが可能になってきた肩甲骨っ!

ちいちゃいお子さまがダダをこねて「 ヤダっヤダぁ~」のポ~ズ。
身体をひねりながら両腕も左右に大きく振るトレーニングだ。

うでは脱力し、腰・大殿筋中殿筋(おしり)に手の平がボンボンと当たるっ!
当たるというよりも打ち付けている(笑)
こんな何げない動きでさえ5年間も要している。毎日必死で続けてもこんなモンだ・・・。
イヤイヤ続けてきたからこそだろっと自分を褒めてやる。

脱力具合がイイ感じになってきたので施術時に診てもらうと
「 あぁ~デンデン太鼓ねぇ~。イイ方法見つけましたね 」と。
そうそうfunsenkiもデンデン太鼓みたいだなと思っていたから意気投合!!
以来、このネ~ミングに(笑)

意欲を持ち続けるにはこういう遊びごころも必要なんだと思っている。

本日の甲子園ベスト8観戦は「 でんでん太鼓 」とともに♪~


人気ブログランキング


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本にもどり ゆびをグゥ~・パァ~やってみた

2017-03-17 18:03:07 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ
手のゆびのグ~パ~訓練は、指が動き始める以前からやっている。
あのタ~ミネ~タ~と呼んでいたころから。
機械を使わず自分の指だけでの訓練にレベルアップしてから現在までマヒ手に触れない日は無いっ!
タ~ミネ~タ~の手

ココにきてグゥ~パァ~訓練を強化している。
握る・開くのスピ~ドアップを目標としたのだ。

う”っ!・フゥっ!!
腹筋に力を込めて握ってみる。
全力でやっているのに指の動きはスロ~スロ~。

パァ~と開くのにも全力を振り絞るも、やはり動きはスロ~スロ~。
脳からの指令がかろうじてつながっている程度なのだろう。
ゆびの筋力だってまだまだ弱い・・・。

握るも開くも痛い痛い!おまけにシビレの痛みも加わる。
でもコレは良い痛みと理解している(笑)

はいっ!パッ!パッ!パッ!隣から声が飛んでくるっ!
もっと早くっ!!と。

「 ゆびをにぎる・ひらく 」たったこれだけのことなのに・・・。
1時間半の外出よりもカロリ~消費量は絶対あるな! と思っている(笑)

めざせ!高速グゥ~パァ~一万回!!

人気ブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙を押えてみるっ!

2017-01-18 13:41:48 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ




他力マッサージ+自力マッサージ+etc・・・
肩も腕も穏やかなある日のこと。
「 紙を押えてみる 」左うでにチャンスを与えてみた。

ヒジも手首も勝手にグッ!ググッ!と動いていたから
テーブル上の物をなぎ倒してしまう(苦笑)

5年経過した現在は、紙が動かないように抑えることができるようになってきている。
重石代わりですね。紙をグシャグシャにしていたウデも、調子の良い時はこういうこともできる。
日頃のケアの賜物でしょうか(笑)

A4サイズの用紙である。ハガキサイズにはまだまだ努力が必要だ。

通所リハビリの壁に貼ってある標語がモデル。
ときどき大きく口を開けて読み上げることもある。
顔の表情筋、シビレのあるくちびるの訓練♪~


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車イスのブレーキをかけてみよう・・3年半ぶりの大病院 その 2

2017-01-15 11:07:28 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ
数年に一度と言われる非常に強い寒気団が居すわっている(キョウフッ)
日本海側のみならず東海近畿四国、太平洋側でも雪予報がでている。
被害最小限でありますように・・。

都内も今朝はマイナス2℃予報だった。
夕べから対策を練り、甲斐あってこうしてPCに向かえている。
寒さ警戒な方々、どうぞ 厳重態勢で乗り越えてまいりましょう!


大病院の玄関で車イスを貸していただく。
歩行だってもちろん5分=30分間な身体。
院内のザワメキは、目も耳も頭の中もすべてが否が応でもアンテナを張り巡らし
精度アップを強いられる(苦笑)

なにしろ通常がゆった~り流れる時間 & 静かなエリアに浸りきっているのだから。

脳外科外来周辺は車イスの高齢者の方々がいらした。もちろん介助者つき。
数歩でも歩きたいという思いも、周りの空気読まないでどうするっ!と自粛。

診察室前で予約時間まで待機する。
ずらっと並ぶ椅子は満席。あっちの診察室の方々も空席求めてやってきている。

♪~メロディとともに受付番号がモニタ~に表示される度にお隣の方が
「あと○人目よ」と教えてくださる、わずかな間でもコミュニケ~ションってうれしいですね。

ジィ~ッとしている態勢がきついコノ身体。
邪魔にならないようにと車イス上で自主トレ開始(笑)

肩の上げ下げ回し、手ゆびマッサージ、首ストレッチ・・
味を占めたので両手を組んで耳の後ろまでズィ~っと伸ばす。
あくまでも周りの空気を読むことに注意を注ぐ(笑)

ひととおりmyトレを終えると
そうだっ!チャンスじゃないか!と
左うで(マヒ)に左側のブレーキレバ~をそっと握らせてみる、そうそうイイぞ!いいぞっ!

3年ぶりに乗っても車イスの操縦方法を身体って覚えてるもんですね。
「 止まったら必ずブレーキをかける!! 」コレですね。

リハビリ病院に入院中は
右手で(健側)両方のブレーキをかけていた。
が、この日は違う!

厳寒の冬。
下肢用ズボン・・・冬用超あったか肌着2枚+冬用ズボン1枚
上肢衣類・・・・・1枚め・超あったか肌着(七分そで)+2枚め・手首まで袖タイプ + 
          + 丸くびタイプかぶりもの + セーターを着ている。
          その上にモッコモコのコート姿(笑)
手ぶくろ3枚重ね(ピタコロタッチ+毛糸タイプ+革タイプ)
手ぶくろ・・

院内は暖かくちょっと汗ばむくらい、この身体には願ってもない環境だ。
まぁ これだけ着込んでいるんだもん。
そういえば半袖姿のスタッフさんを一瞬チラッとお見かけしたっけ。

当然ながら首は回らず、コートを脱ぐにも10分~20分必要になる、
着るときはもっとかかってしまう。で、着たまま。
せっかくおしゃれしていったのにコート脱げばよかったなと気づいたのは翌日のこと(苦笑)
で、右手を左がわに伸ばすこともできないということに。

こんな機会逃してなるものかっ~!(笑)


最初・・・身体をめいっぱい使いレバ~を引くもビクともしない、でも繰り返す何度も繰り返す・・。
そのうちに脳が「 このくらいのチカラが必要なんだよ!もうちょっとチカラ出せょっ 」と
言ってくるかのような感覚が・・。

初めてレバ~が動くとそれを機に出来る回数が増えていく。コツを得た瞬間。
「 そうだよ、このくらいのチカラが必要なのさ 」と脳。

待ち時間の間にカコン、カコンと10回連続ブレ~キをかけては はずし、かけては はずし。
もちろんゆっく~りと。
ひとりニヤニヤしてる顔に気がついた人がいただろうか(笑)

自宅でやる自主トレとは気持も違ってくるのですね、環境って大事。
予約時間に余裕をもって行ったのであるがちょうど良い自主トレになった。

タイミング良く受付番号がモニタ~に表示される。
いよいよ脳外科診察開始。
つづく・・・


今朝はチラッと窓から覗いただけで撮影までは及ばず。
満月は今夜から欠けていくようです・・・。
キラッキラッ輝く西の空のお月さま 
もちろん お財布かざしましたょ♪~
人気ブログランキングへ
きのう 14㈯  6:25撮影

夜明けの満月 in 11月・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小寒(しょうかん)過ぎて 手ゆびマッサージに明け暮れる・・

2017-01-06 15:15:18 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ
二十四節季のひとつ、小寒(しょうかん)きのう5日。 
寒の入りとはよくいったもので身体には急襲攻撃のようだ。
どこもかしこも痛みが激へと化し突き刺さってくる感覚。

とくに手ゆびのシビレが大暴れしている(泣っ)
目覚めのルーティンに加え四六時中、手ゆびマッサージにかかりきりだ。

1.手の甲・・・100回
2.手のひら・・100回をすりすりなでなで。
  少しずつポカポカしてきたところでウォ=ミングアップ終了、いよいよ本番へと。

3.親ゆびから一本ずつ・・・付け根、第一関節➡第二関節➡爪まわり・ゆび先を
  くまなく2~3分間ほどモミほぐす。
4.5本のゆびを終えると次のターゲット、掌へGOっ!!
  力を強めにして、中央からゆびの付け根に向かってシゴクこと5分間ほど(苦笑)
5.最後にゆびを4本をぎゅっ!ギュッと強く握るっ。
  親ゆびにおいては、手首から親ゆび先までのふっくら部分を更に強くギュッ!ギュッ!

野球のグロ~ブのような、イヤ ボクシングのグロ~ブのようだった手ゆびがやわらかくなっていく。
が、ビリビリズキズキ感はなかなか軽減してくれない。しぶといヤツラだ。

こうして第一段階終了。
次は手首、前腕、上腕へとむかっていく。

my手ゆびのマッサージのフルコ~スである。
最高気温がひと桁になり、最低気温が1~3℃という予報がでてくると
こうしてフルコ~スをampm何回も繰り返すことになる。

いいかげんにしてくれぇ~~(泣ッ)
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シビレ対策 てぶくろ編

2017-01-05 12:47:47 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ

5年間愛用した手袋をおnewにしました!
中ゆびは、やっぱり不良っぽい・・・ 少しでも優等生めざしてくれたら良いのだけど・・・

脳内出血にに倒れる前に買い置いていた「 ピタクロタッチ(フリ~サイズ) 」というタッチパネル対応の手袋。
フィット感がこのシビレで激痛の手ゆびには、なんとも好相性!
今では1本1本をゆびに入れてあげるのに大苦戦っ ➡ やや苦戦っ レベルへと向上。

外出時での 革の手袋もこんな状態・・・
ボワボワ部分は、常に身体にくっついている + 石のようにズッシリ重いうで、
とで すっかり剥げぬけてしまっている。
常に力が入り続けてるゆび & 手のひら部分はすっかり変形してしまった・・・。

室内でも2重に、はめている手ぶくろは外出時ともなればインナ~グロ~ブ+毛糸の手袋+革手袋とで3重にして、はめることになる。
5分=30分な身体には、手袋をはめるだけでもグッタリ。
よって冬の外出は厳禁っ!!なのである(苦笑)
 
次は革の手袋を新調しないとナ~
新調てぶくろ・・
一年中 肌身離さずの仲良しなのサ 「 相棒の てぶくろ 」ょ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンタクトレンズを装着するっ!

2016-12-22 09:55:30 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ

脳内出血にたおれるまで毎日コンタクトレンズを装着していた。
16~17時間つけたままの生活、仕事上やむを得ないことだった・・・。

倒れた日は連休中だったこともあり幸いメガネにしていたのだった。

左手は(マヒ)グッ ググッと意志とは関係なくあばれていた(苦笑)
発症から3年後くらいからだろうか脳からの命令に少しずつ反応してくれるようになってきた。

1年分ドンっ!と、まとめ買していたコンタクトレンズ。
ゆび’Sを十分にマッサージしてから装着する。目がコンタクトの感触を忘れないように。
今でも「よし!きょうはっ!」と気合の入った日に装着している(笑)

高校生のころ、こずえちゃんからコンタクトレンズ(当時の東京コンタクトレンズ)のことを教えてもらったのがきっかけだ。
ハードレンズを25年間ほど、その後は1週間タイプを数年間、onedayタイプにしてから10年あまり。


こずえちゃんとはあれっきりになってしまったけれど、今も元気に活躍されていることを願います

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

背中 カユイところに手が届きますか?

2016-11-30 14:52:19 | 肩関節亜脱臼うで手 改善へのあゆみ
朝晩のルーティンとしている・ひ・と・つ・がコレである。
右手で(健側)頭から足の指先まで全身くまなくスリスリナデナデもみもみ。

特に背中、ここは思うようにいかない箇所である。
それでも届く限り手をのばしてきた。もともとそんなに身体は軟らかいほうではない、が
毎日4年間も続けていると変化を実感する。

手の甲を背中にあてている。当初、背骨の真ん中辺りが精いっぱいな硬い身体。
今夏ころからだろうか左肩甲骨、左わき腹に手が届くようになっていたことに気付いた。
かゆいっ!と思いっきり手を伸ばしたことがきっかけっだった(笑)

健側の肩関節の可動域が広がったのである。知らないうちにとはこういうことか・・・。
左うで(マヒ側)は補助すればグルっと背中をまわり右わき腹にまで届く。補助必須ではあるけれど。

次なる目標は、わき腹の位置から肩甲骨の位置まで高さを上げること。
今は背中のどの部分でもほぼ全域征服。カユくなってもへっちゃらさ~(笑)

思いがけない美味しいものがやって来たっ!
赤カブの酢漬け 自然の物ってどうしてこんな色彩が生まれるのだろうといつも驚かされる。
原色は苦手なほうだ、圧倒されてしまうから・・・が、赤は赤でも自然界にある赤色は大好きだ。

すぐれない時などこういう色合いを目にしていると不思議と元気が湧いて来るのだ♪
この酢漬けシロップがまたイイお味。最後の一滴までいただこうっ!!

クレソン(左)       赤カブの酢漬け            cooking by ラブちゃん(パピヨン)ママsan.  ごちそうさま


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加