彩彩日記

作詞家・シンガーソングライター 大塚利恵のオフィシャルブログ

2017.6.17 【子どもにかかわるすべての大人へ贈る 幸せな子育てのための公開セッション】

2017-06-18 09:53:10 | よりよい世界のために
2017.6.17
【子どもにかかわるすべての大人へ贈る 幸せな子育てのための公開セッション】


「The Christmas Song」という有名なクリスマスソングに、こんな歌詞があります。

I'm offering this simple phrase to kids from 1 to 92
Altho' it's been said many times many ways
“Merry Christmas to you”

1歳から92歳の子供達に このシンプルな言葉を贈りましょう
何度もいろいろな方法で繰り返された言葉だけれど
“メリー・クリスマス”


「1歳から92歳の子供達に」とはつまり、「誰もが誰かの子供である」ということ。心が温まり、ホッとする大好きなフレーズです。
「誰もに子供の時代があった」とも読めるけど、「誰かの子供だ」という事実は、何歳になっても変わらない絶対的な真実。
みんなが例外なく誰かの子供なのだから、どんな状況で育ったにしろ、自分自身の親子関係を見つめることは、生まれた意味とか、幸せになる方法とか、そういう大切な気づきに繋がると思うのです。


『親子の絆を再確認してもらえたら…
親子の絆をきっかけに、自身の生き方を見直してもらえたら…』


親子の絆というテーマの説明とともに始まったこのイベント、そして4人の先生方による子どもの未来プロジェクト(i-comi)のポイントは、「子どものため“だけ”の」ではないところだと思います。
子育て中のお母さんが癒されるのはもちろん、そうでない人(私も)にとっても、幸せになるヒントを沢山いただくことができます。


以下、私が特に印象的だった、各先生の言葉。

◆胎内記憶の第一人者、産婦人科医の池川明先生
・赤ちゃんを欲しくなった時から育児は始まっている。思うよりずっと早く親子の絆は始まっている。
・ほっとけばいい。ほっとく、とは放置ではない。助けてって言われた時助ければいい。

◆右脳教育の七田厚先生
・スマホを見 ‘ながら’では、授乳中赤ちゃんは寂しい気持ちに…子どもってこういう時どういう気持ちなんだろう?と想像すると良い。
・オムツを換える時、何も言わずに突然服を脱がされたら、赤ちゃんだってびっくりする。語りかけながら…。
頭では「子どもはきっとわかってる」と分かっていても、体で理解していないところも残ってるのかな。
・(コミュニケーションは)量より質。
・答えは子供の表情、行動、反応に出てる。人によって違う。反応を頼りに子育てを。

◆現役中学校校長の中野敏治先生
・(実際担任された不登校の女の子を、会ってもらえなくても家庭訪問し続け、クラス全員で待ち続けた結果、卒業式の途中でついに登校、最後は先生に抱きつき、お礼を伝えたという実例とともに)
思春期の子どもは自分で自分を理解するのが難しい。ただ、必死で生きている。

◆瞑想の上田サトシ先生
・胎内記憶を思い出す瞑想を子供達にしてもらうと、人生の目的を思い出し、それに向かって突進してゆく。目的意識がはっきりしてゆく。
・「生後4か月で離婚した。最初は面会していたが、泣いて嫌がるので会わなくなった。今2歳半。会った方がいいか?」
という相談に対して:
(この相談は)主語がない文章。お母さんの感覚の中で、お母さんと子供が一緒になってしまっている。自分の所有物のような。
まだお母さんの方が整理できていない。今、整理した方が子どものため。


最後に行われた上田先生の瞑想では、私は子どもの頃の自分が前に座っているイメージで行いました。
すると、その子は家族や他人に気を遣いすぎて苦しくなっている様子でした。
「わがままで自分勝手」と言われることが多かったけれど、案外、自分なりに気を遣って疲れていたのかもしれないなあと思ったし、それが後の自分に大きな影響を与えていることもわかりました。

瞑想。最近流行ってきましたが、子どもにとっても大人にとっても、幸せへの大切な鍵になるのではないかと思います。


歩くパワースポットのような、おおらかで優しい4人の先生方。
でも、回答はロックでキレッキレ。
表面的なごまかしは皆無で、本質的なことを愛を持ってズバッと話して下さいます。

私個人としては、故郷の茨城に先生方をお招きして、このようなイベントをできたらと思っています。
ご協力いただける茨城の自治体の方、協賛してくださる会社の方、お母さんコミュニティの方など、どなたでも、是非ご連絡下さい。

【i-comi プロジェクト 公式ブログ】
いじめなどの問題や、子育て悩み相談への先生方の回答も読むことができます。
https://ameblo.jp/i-comi-pj/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/4(日)FMひたち 生放送♪ | トップ | 7/2(日)FMひたち 生放送♪ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

よりよい世界のために」カテゴリの最新記事