手作り人形ドレスGOUDADA

ジェニーサイズ人形手作りドレスを楽しむゆるゆるブログ

2443号Простуда(寒い)

2017-05-15 18:58:43 | 作品写真
メイフラワーなる花があることを先日知った。蝦夷五月連日寒い。曇り空続きです。
先輩パートひとりインフルエンザ罹患。黄砂とは関係不明だが今頃?!だべさ。
頭から上半身にかけて左半身が重い。ひとの事を言ってられない。昨夜居間で寝落ちし、起き抜けはあちこち痛かった。何やってんですか全くもう。
せっかく次女が泊まりがけで来てくれたがあんまりお構いもしなかったなあ。夫やたら張り切るし。うっかり職場や実家の愚痴を聞かせまいとばかり考えていた。なんか母の日にはかばかしくない母の姿を見せてしまいどうなんだろうとちょっと反省。
今年姉妹から頂いたのはお昼寝グッズでした。どんだけ昼寝を見られてるんだろう。猫並みです。
夫の母・俺の実家には双方アレンジメント花を贈った。俺の実家に届いた分は水がこぼれていたそうな。老父が電話で礼のついでに文句言ってた。母の日って連休後の宅配繁忙期だったことに気づく。忙しいんだなあと何の感情もわかずそのような声でゴメンと言っとく。難しいなあ。
最近座れるようにバスを見送ることが増えた。朝の地下鉄は立っても降りやすいが、この数日帰りは危うい。できれば買物をして帰りたいが、車道が濡れてきた。傘の人も行く。降りて濡れて歩くには寒すぎる。
筋力を失ったように悪化した老母はどうにかデイサービスに行ってるんだろうか。悪化の原因やきっかけが不明、なんとか暮らしてはいる。明後日の受診にも同行する。クリニックに車椅子があったかな、借りられるかなとかそんなことばかり考えている。そして週末は食べ過ぎ。
残り物を片付ける約束だが出来れば気晴らしに買物したい。屈託や逡巡をいつもバスに持ち込みます。
咲きかけはボケの花。クサボケらしい。夫は実家の悩みを聞いてくれる。あーでもないこーでもないと色々話しながら病人の世話に関していかに老父やアラフィフ独身弟が頼みにならないか。大体老父が弟の関与を拒んでるから手に負えない。相談も協力も頼めない半端者と決めつけている。
だから老父は会う度鬱憤を俺にぶちまけてあたる。俺がいまのクリニックを選んで通い始めたから、医者も気に食わないし老母の悪化もどうも俺のせいらしいです。
明後日受診してみないと、原因も手当ても不明。肉体的なことは医師の話を待つしかないが、つい老母の感情や考えを忖度します。やはりはっきりはわからないけど。
そして我々夫婦の話は「先にボケたもん勝ち」に落ち着きます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2442号Черешня(さくらんぼ) | トップ | 2444号Абрикос(杏) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。