らららら~♪恋する50代も後半あと少し

認知症の母と笑って過ごす日々。

メダカの卵

2017年06月17日 | 日記
独り暮らしの母に、何か生き物あると違うかなと、冬の寒い時期にメダカを5匹買ってきて毎日眺めていた。東天紅という種類の赤色の少し光るめだか。1匹580円。土と水草で3000円程度。海苔が入っていたかの大きなビンで飼いはじめた。2月の寒い時季に3匹死んでしまって、2匹買い足しました。まだこの時は雄雌の区別がつかないので、オス1匹 メス1匹を買いました。これでメダカは4匹。オスとメスの区別がつくようになってよくみると、2:2でちょうど良い組み合わせ。春になったら卵を産むと聞いていたので、4匹で寂しかったけれど我慢していました。メダカがお腹に卵つけたたまま泳いでいるのを見つけたので、注意深く観察していると、水草の中、土の上などに卵を発見。卵を捕獲して、ジャムの瓶に移し、家に持って帰って毎日見ていたら、5日目くらいに1匹稚魚がスイスイおよいでいるのを発見。メチャメチャかわいい。
その後もドンドン産まれて5匹に。試しに、そのなかの1匹をもとの水槽に移してみた。大人のメダカが物凄い勢いで追いかけて一瞬のうちに食べられてしまいました。可哀想なことをしてしまいました。卵を食べるのは聞いていたけど、稚魚も食べるんだね。どれくらいになったら一緒にできるんかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケアマネのミスに怒り | トップ | 無肥料栽培 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む