好事家の世迷言。

私「りえ」の感性で綴る、調べたがり屋の生存報告。※今は逆転裁判とFate(共に初期)に集中してます。他は勘弁。

鏡の中の歯車世界。

2017-02-09 | 物語全般
映画『ドクター・ストレンジ』を劇場へ見に行く。

『マヴカプ3』で知った名前の一つ。

医師でありながら魔術師、という設定しか知らない状態で、
とにかく行ってみた。

自分としては今まで結構な数のMARVEL作品を見てきたつもりだが、
今回からその「MARVEL」の表示も豪華になってた。

それを皮切りというべきか、この作品で推す点は映像美に尽きる。
敏腕だが傲慢な外科医・ストレンジが訪ねた謎の寺院で受ける教え。
無限に並ぶ平行世界(マルチバース)に投げ込まれ、
その根源に当たる何かを見せられる。
また、魔法使い同士が戦う結界である鏡面世界も驚異。
重力が歪み捻れ、ニューヨークの摩天楼は時計塔の歯車のように動き回る。
最新CGの力を見せてもらった。

その一方、ストーリーは分かりにくい点も見られる。
ストレンジの師匠が具体的にどんな経緯で今に至っていたのかなどは、
原作(アメコミ)読めば分かるのかな。
タイムループを利用しての取引も、
そういう時間もののSFに慣れてない人にはピンと来ないかもしれない。

大筋はシンプルな、世界の運命をかけた戦いの話なので私は好み。
あのマント、可愛かったなあ(笑)。

それでは。また次回。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『はじまりの魔女』第5話「初... | トップ | 『Fate / stay night レアル... »

物語全般」カテゴリの最新記事