好事家の世迷言。

私「りえ」の感性で綴る、調べたがり屋の生存報告。※今は逆転裁判とFate(共に初期)に集中してます。他は勘弁。

『プロジェクトクロスゾーン2』プレイ記録。(その22)

2016-10-20 | 逆転裁判・逆転検事
第21話「セガサターン、シロ!」クリア。

着いた先はテイルズワールド。
出撃チームは零児、大神、さくら、リュウ、飛竜、アキラ、桐生、仁、カイト、
『テイルズオブヴェスペリア』のユーリとフレン。
大神にキャプテン、カイトに成歩堂を配置。
そしてユーリに、せがた三四郎

…………ちょっと待て。
確かにあらゆる世界がつながってる設定と承知してましたが。
せがたってCMキャラじゃないですか。
上位のメタ世界の住人じゃないですか。つーか時事ネタじゃないですか、
湯川専務とかも居たよね、そういえば。

『サクラ大戦』『ベアナックル』『シェンムー』『スペースチャンネル5』
『バーチャファイター』『龍が如く』『エンドオブエタニティ』『Shinobi』
……といったセガ勢は盛り上がる一方で、
リュウ達カプコン勢と、ハセヲ達バンナム勢は唖然とするばかりなり。

それはさておき。
ここに至って、より一段階、戦闘システムに慣れてきたかも。
回復に回数や範囲の制限がない事に、実感が出てきた。
単騎特攻しても、四方を敵に囲まれなければ困らない。
Lボタンのサポートを取るか、バックアタックを取るか次第だ。
味方の一人が入念に回復していれば、敵の必殺技もしのげる。
自動回復する敵は、3チームくらいで囲んで短期集中攻撃でOKだ。

それでは。また次回。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『Fate / hollow ataraxia』(... | トップ | 栗ごはん。健康的な拾い食い。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。