好事家の世迷言。

私「りえ」の感性で綴る、調べたがり屋の生存報告。※今は逆転裁判とFate(共に初期)に集中してます。他は勘弁。

今年のGW報告・後編。

2017-05-15 | 逆転裁判・逆転検事
昨日の日記の続き。

5/6(土)。上野文化会館へ、逆転裁判15周年記念オーケストラコンサートへ行ってきた話。
もう1週間以上過ぎてる話題だが、タイムラインなんて当方には関係ない。
当ブログにリアルタイム投稿はあり得ない(苦笑)。

もっとも、感想をupするのをためらった事には理由がある。
今の自分には、語れる話題に乏しいためだ。
私がゲームプレイで聞き知っているのは、
裁判1~5、検事1、レイ逆、の計7作品。
その一方、検事2、大逆、裁判6は完全にミュートプレイ。
全10作品中3作品、3割の曲を知らないのだ。

故に今回は、(特別傍聴席でなく)普通のS席を取りまして。
より純粋にオーケストラ演奏に深く浸った。
前回のコンサートと違って、新規の動画が流れなかった事は、ある種の幸いだった。

驚かされたのは、やはりゲストによるトークの段。
近藤孝行氏as成歩堂と、竹本英史氏as御剣のコンビは、
ご本人たちの言われる通り、カンゼンにキャラと一体化していた。
妙な言い方になるが、本来は架空であるはずの彼らは、
オヤシロさまのように、ベアトリーチェのように、間違いなく、“い”る。
何があっても、いつまでも。

コンサートの詳しいレポートは、後日サイトに載せる予定。
気長にお待ち頂きたく。
時代錯誤(アナクロニズム)なテキストのみの世界を、私はこれからも続けます。

それでは。また次回。
(追記。サイトに載せたレポートはこちら)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年のGW報告・前編。 | トップ | ジャンプ(24号)私的雑感。 »

逆転裁判・逆転検事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL